全身脱毛で使われる機械をその威力

標準

全身脱毛で使われる機械は医療機関とエステで異なります。医療機関で使われているのは医療用全身脱毛 おすすめな機械です。クリニックによって違い、だいたいアレキサンドライトレーザーとダイオードーレーザー、ヤグレーザーとIPLというフラッシュ脱毛機などが使われています。これらの機械を組み合わせた複合機によって全身脱毛を行います。最新の脱毛器ではメディオスターというバルジ領域まで破壊するようなものも出ています。こうした医療機器の違いはレーザーの種類などです。RFという高周波をレーザーと組み合わせたもの、複数のレーザーを合わせたもの、高周波にIPLという光エネルギーを組み合わせたものなど組み合わせによっても違ってきます。それぞれの威力のメリットを生かして全身脱毛するために、このような複合機が作りだされています。一方、エステで使われる全身脱毛器はニードルとフラッシュ脱毛機です。ニードル脱毛ではレーザーやフラッシュ脱毛と異なり、毛を1本1本処理していきます。毛抜きと同じ要領です。針脱毛とも呼ばれ、資格を持っているエステティシャンが施術したりします。フラッシュ脱毛は痛みが少ないことで人気の全身脱毛機です。威力は医療用レーザーよりは弱めなので痛みにあまり強くない人でも気軽に受けられます。また、料金の安さも魅力的です。このフラッシュ脱毛で何回か試し、無事毛が減り始めたらそのまま続けてみてください。どのような機械が合うかは個人の毛質によるので、機械の特徴をよく知ったうえでサロンを探してみる必要があります。